行政書士に任せる書類作成【企業の疑問をしっかり解決】

男性

遺産の問題は弁護士に相談

相談

家のあり方がここ数十年の間に大きく変化したことによって、川越でも相続にまつわるトラブルが多く発生するようになりました。相続でもめごとになったときは、まず法律相談という形で弁護士に相談するのがおすすめです。被相続人の戸籍謄本一式は、はじめに川越市役所で用意しておくとわかりやすくなります。

詳細を確認する

請求できるお金

お金

離婚で揉める原因として慰謝料があげられます。より多くの慰謝料を請求するためには、事前に離婚の原因となることの証拠を集めおくことが大切です。専門の方に相談をすると、離婚において請求できるお金を教えてもらうことができます。

詳細を確認する

知っておくと良いこと

交通事故

突然起こる事には交通事故があります。このような場合になってしまった場合はむちうちになる可能性があるので、一度病院で診察受けましょう。また、その事故は検証していく必要がありますので警察を呼び見てもらう必要があるのです。

詳細を確認する

身近な法律の専門家

女性

暮らしやビジネスの助けに

一説によると、個人や企業が官公署に提出する書類は約1万種類にも及ぶとされています。その中には当然、暮らしやビジネスに直結する重要な書類も含まれます。たとえば、個人であれば福祉や子育てに関する給付金、企業であれば事業の許認可申請といったものがこそれに当たります。しかし、誰もがこうした制度を熟知しているわけではありません。中には知らなかったばっかりに権利を行使できなかったり、事業に支障が出たりといったことも起こりえます。そうした事態を避けるには、まずは専門家に相談するのが賢明です。たとえば行政書士です。行政書士といえばかつては「代書屋さん」という通称もあったぐらいで、単に書類の作成代行のみを行うものというイメージがありました。しかし現在では、身近な法律家として市民から人気が集まっています。

それぞれに専門分野がある

行政書士は役所に提出する届出書や申請書などの作成代行を手がけるほか、その内容に関連した相談にも対応してくれる国家資格取得者です。身辺に何か変化があったとき、新しく事業を始める時など、それをサポートするどんな制度があり、どんな手続きをすればいいかといったことに関し的確にアドバイスしてくれます。行政書士に相談する場合は、事前にその事務所がどんな業務を得意にしているかを調べておくのが賢明です。というのも現在の行政書士事務所は、特定の専門分野に特化する傾向があるからです。この傾向は特に東京のような都市部で顕著です。東京は行政機関が集中している場所です。国の機関であれば東京の本庁でしか行えない手続きも少なくありません。それに対応して、東京には非常に多くの行政書士が事務所を構えているので、丹念に探せば自分の相談事に相応しいエキスパートを見つけ出すことが可能です。