緑内障は早期発見で効果的に改善|悪化を防いで健康生活

高齢者の視力

笑顔の女性

特徴をおさえる

目の中の圧力が上がることにより、眼球が圧迫されて視力が低下したり、失明したりする疾患を緑内障と呼びます。以前は非常に恐れられていた疾患でしたが、現在は検査の質が向上し早期に発見し治療できる疾患になっています。緑内障の特徴を知っていれば予防や早期発見に役立つことがありますので、しっかりと覚えてくと良いでしょう。緑内障はおおむね40代ごろから発症数が増加します。40歳を超えたら眼底検査を、とよくいわれるのはこの事実からきています。年齢が高くなるほど発症する疾患ですが、早い段階で予防できることがあります。それは近視の予防であり、すでに近視の方は、禁止の悪化を予防する事が大切です。遠くを見たり、よく目を休ませたりすることがポイントです。近視の予防は、緑内障の発症リスクを減少させます。

周囲の理解が大切です

緑内障は基本的には高齢者の方に多い疾患です。緑内障の治療は点眼薬の使用が基本になり、用法容量を守る事が重要になります。しかし、患者によってはこれが非常に困難になる場合があります。例えば認知症などがある患者では、定時に点眼薬をさすことを忘れてしまう場合があります。ではどのような対応が必要でしょうか。緑内障の治療において点眼薬は眼圧を下げる非常に重要なものです。まずそのことをしっかり理解することが重要です。疾患の理解は病院にいけばパンフレットがありますし、インターネット上でも学習が可能です。認知症などがある場合は、周囲の援助が大切です。点眼薬は介助者の中には、内服ほど重要ではないと考える人もいます。介助者間で十分な情報の共有が必要になります。

治療を工夫し知識を得よう

目元

緑内障の治療において点眼薬はさし忘れの予防が重要です。家族に協力してもらったり、お薬カレンダーを使ったりするなどの予防方法があるので、試してみましょう。さらに緑内障の症状には視野欠損や急な眼痛などがあるため、疾患の知識を持つことで疾患の早期発見が可能となります。

読んでみよう

視野が狭くなる目の病気

微笑む女の人

緑内障は目の視野が狭くなる病気で、失明の恐れがあります。少しずつ進行していくので本人は気がつかないことが多いのです。血縁者に緑内障の人がいる場合は、用心して検査をしておく必要があります。冷え性なども影響するので温かい飲み物を飲むなど生活の工夫が必要です。40歳を過ぎたら定期的に検診を受けることです。

読んでみよう

眼圧で視神経が障害される

医者

緑内障は眼圧によって視神経が冒され、視野や視力が障害される病気です。日本人の失明原因の第一位を占め、いったん緑内障になったら、現在のところでは、進行を止めるという治療法しかありません。自覚症状が出にくい病気であるため、40歳を過ぎたら緑内障の定期検査を受けるようにしましょう。

読んでみよう